一般診療、皮膚科、避妊・去勢、健康診断、ホテル、お迎え・お届け、ライフプランのご相談

3才以上のわんちゃん猫ちゃんは歯周病❓

こんにちは。看護師の齊藤です👩‍⚕️

ただいま当院では

を実施しています🏥

たくさんのわんちゃん猫ちゃんにキャンペーンを受けて頂いており、歯周病のコもけっこう見つかっております🐶🐱

ところで3歳を超えた犬猫の何パーセントが歯周病になっているかご存じですか❓

ー正解は…80%です‼️

えー💦そんなに⁉️ってびっくりしますよね😅

皆さんの愛犬・愛猫も、実は歯周病に罹患しているかもしれません😣。。

今回は”歯周病を放っておくとどうなるのか?”

をテーマにお話させていただきます🦷

■ 歯周病はどんな病気?

歯周病とは一体どんな病気だと思いますか❓

ただ単に“歯に汚れがつく病気”ではありません🙅

字のごとく“歯の周りの病気”であり、感染症の一つです💦

歯垢はただの食べカスではなく、実はバイ菌の塊

デンタルケアが適切に行われないと、歯周ポケット内でどんどんこのバイ菌が増えてき、歯周組織(歯肉や顎の骨)を破壊してきます。

…怖いですね💦

放っておくと、肉眼では見えないところでどんどん歯周病が悪化していきます。

■ 歯周病を放っておくとどうなるの?

① 歯根膿瘍(膿が貯まり化膿)

② 口鼻腔ろう

③ 他の臓器で炎症を引き起こす

④ 顎の骨折

① 歯根膿瘍(膿が貯まり化膿)

歯周病が悪化すると歯周ポケットが出来ることがあります。そのポケットを通じ膿が溜まり化膿して腫れた状態を歯根膿瘍といいます。破裂して皮膚が破れることも…。

② 口鼻腔ろう

鼻腔と歯根の間の骨に穴が開いてつながってしまう状態です。くしゃみや鼻汁、鼻血などが出ることもあります。

③ 他の臓器で炎症を引き起こす

歯周病菌が血流にのって全身に回ることがあります。心臓や腎臓など体の他の部位に細菌が感染すると命に関わることもあります。

④ 顎の骨折

歯周病が悪化すると歯の周囲の顎の骨が腐り、周囲に化膿が広がっていきます。眼の下あたりの腫れ、顎の骨髄炎、病的な顎の骨折などを引き起こすことがあります。

■ まとめ

歯周病を放っておくと、以上のように深刻な状態に陥ってしまう事があります😢

そうならないためにも日常のデンタルケア大切ですね🦷✨

歯周病の発生率は他の病気に比べて非常に高く、年齢とともに増加していく傾向にあります。

たかが歯周病…と甘く見ないで、早め早めの治療をおすすめです👩‍⚕️

この投稿を共有する

Share on facebook
Share on twitter
Share on print
Share on email