一般診療、皮膚科、避妊・去勢、健康診断、ホテル、お迎え・お届け、ライフプランのご相談

症例報告【ネズミ捕りにつかまってしまった猫】

こんにちは。獣医師の石村です👨‍⚕️

先日、ネズミ捕りに引っかかり、ベタベタになってしまった猫ちゃんが来院されました😿

このベタベタはネズミ捕りだけではなく、ゴキブリほいほいなどにもに使われていますね。

今回はネズミ捕りに引っかかってしまった猫ちゃん🐈どうやって処置したかについてお話しさせていただきます。

■ ネズミ捕りのベトベト

一般的なネズミ捕りシートの粘着液は、それ自体に有害性はありません。

しかし手や床、ましてや毛で覆われた犬や猫に粘着液がくっついてしまったら大変ですよね💦

このベタベタ…実は水でとるのは難しいです⚠️むしろ水で濡らしてはいけません🙅‍♀️

ベタベタ成分は油に溶けやすく、水で濡らしてしまうと油がうまくなじまなくなってしまうんです😫

 

■ クレンジングとシャンプー

もし、犬猫にくっついてしまったとしても慌てないでください。犬猫自身もびっくりしていると思うので、まずは落ち着かせてあげましょう。

くっついてしまった皮膚を傷つけることもあるので、無理に引っ張るのはNGです⚠️また、ハサミを使うと、うっかり皮膚まで切ってしまうこともあるので、できるだけ避けた方がいいですね🙅‍♀️

毛とベタベタにクレンジングオイルをよくもみこんでなじませてから、ゆっくり剥がしていきます。べたべたが広がらないように小麦粉などを全身につけるもの一つです。ベタベタがうまく除去できたらシャンプーをしていきます🛀

一度の処置では取り切れないことも多いので、この処置を何回か繰り返すことも多いです。犬猫自身の体力も使うので、様子をみながら行なっていきます。

ナノベイジングプロ(犬猫用のクレンジング)

■ まとめ

かなり根気と時間のいる作業で、パニックになって大暴れしてしまうこもいます。犬猫の負担を考慮し、鎮静の下で処置を行うのも一つでしょう。

今回の猫ちゃんは半野良猫ちゃんだったので、猫ちゃんの負担を考慮し鎮静下で手早く処置させていただきました🐈

もちろんネズミ捕りに引っかからないことが1番なのですが、もし引っかかってしまったら、動物病院までご相談ください。

この投稿を共有する

Share on facebook
Share on twitter
Share on print
Share on email