一般診療、皮膚科、避妊・去勢、健康診断、ホテル、お迎え・お届け、ライフプランのご相談

熱中症対策していますか☀️❓

こんにちは。副院長です👩‍⚕️

夏本番🌞‼️暑い日が続いていますが、体調は問題ないでしょうか❓犬猫だけでなく人間も身体を崩しやすい季節なので、気をつけましょうね😌🍀

 

暑くなると、飼い主さんにとって気がかりなのが「熱中症」ですね。

熱中症は重症になると、命の危険があるとても怖い病気のひとつ⚠️💦

今回は熱中症の症状や対策ついてお話しさせていただきます🏥

■ 熱中症ってどんな病気?

“熱中症“とは、体温をうまく下げることができないことによって生じる様々な症状の総称を言います。

ヒトは汗をかいて体温を下げることができますが、犬猫はヒトと同じような汗腺は足裏にしかなく、ヒトと比べると体温調節があまり得意ではありません。

犬は暑さにさらされると、口を開けて大きくハアハアと浅い口呼吸(=パンティング)をして体温を下げようとします。猫は基本的に鼻で呼吸をする動物なので、犬のようにパンティングで体温を下げようとすることはまれです。がハアハアと口呼吸をしているときは要注意サインですね⚠️🐈

熱中症の初期にはこのパンティングがさらに早くなり、目や口の中が充血してきます。さらに熱中症が進むと呼びかけに鈍くなったり、けいれんや嘔吐・下痢を引き起こすことも。すぐに動物病院に連絡して受診しましょう🚑

重篤化すると心拍低下、呼吸不全、ショック状態を起こしやがて死に至るとても怖い病気です😖⚠️

①初期症状

・パンティング(浅くハアハアとした呼吸)

・よだれが大量に出ている

・結膜などが充血・うっ血している

・頻脈(心拍数が増加している状態)

②重篤化した場合

・ぐったりして意識がない

・下痢・嘔吐。震え

・意識消失・けいれん発作

・呼吸困難

 

■ 熱中症かな?と思ったら

まずは、動物病院に連絡して指示を仰ぎましょう🏥👨‍⚕️

そしてまずは体を冷やすことが大切です。涼しい場所に移動させ、水を飲める状態だったら水を与えて水分の補給をさせてあげましょう。

水をひたしたタオルで全身を巻き、保冷剤で首、脇の下、股の間を冷やして体温を下げます。扇風機やうちわなどで風を送ると、気化熱により体からの熱の発散が良くなります。早いうちから冷却を行なうと救命率が上がると言われています。

■ 熱中症の予防と対策

①屋内

熱中症は、室内でもなる可能性があります。

夏にエアコンもつけずに閉め切った部屋は予想以上に温度も湿度も高くなるので、お留守番中でもエアコンをうまく使って室内を涼しく保ち、安心して過ごせる環境を整えてあげましょう。犬猫が自由に居場所を選択できるようにしておくのが重要です

また、留守番時はいつでも水分を取れるようにしておきましょう。市販で売っているひんやりグッズや凍らせたペットボトルなどを置くのもおすすめです。室温・湿度は犬・猫がいる床付近と部屋の上部とでは異なるので注意しましょう。

 

②屋外

散歩は早朝・夕方がベスト。また日が当たるコンクリートやマンホールはとても暑いので危険です!柔らかい肉球がやけどしてしまうことも…。犬はヒトよりも地面から近いので、地面からのふく射熱を受けやすいので注意しましょう。また、お出かけ時にキャリーケースを利用する方も多いと思いますが、中は熱がこもりやすいので注意してくださいね⚠️

こまめに換気したり、保冷剤やタオルで巻いた凍らせたペットボトルなどを入れてもいいと思います。

 

キャリーケースの保冷も忘れずにね!

③車内

外気温が25度を越えるような環境下で、締め切った車の中に残すことは絶対に避けましょう。興奮しやすい犬などの場合、さらに低い気温でも熱中症を起こすことがあります。

自動車移動する場合は、あらかじめ車内を冷房で冷やしておくのがおすすめです。

■ まとめ

なってしまったら命に関わることもある熱中症。大切な愛犬・愛猫を守るには、ならないための予防対策が1番大事です。熱中症の予防は、飼い主様にしかできません。万全な対策とともに暑い夏を乗り切りましょう🌞✨

この投稿を共有する

Share on facebook
Share on twitter
Share on print
Share on email