一般診療、皮膚科、避妊・去勢、健康診断、ホテル、お迎え・お届け、ライフプランのご相談

本当に怖い狂犬病🐕💦

こんにちは。社長の岩佐保宏です👨🏽‍⚕️暖かかくなってきて春の訪れを感じる今日この頃です🌸

さて、春は狂犬病の予防接種の時期ですね!💉もう接種はしましたか❓

狂犬病は発症すると、ほぼ100%亡くなってしまう大変怖い病気です⚠️😣

 

狂犬病の正しい知識を持って、大切な愛犬、家族、そして日本を守りましょう🇯🇵💪

狂犬病ってどんな病気?

狂犬病は潜伏期間が長く明確な治療法がない感染症です。また、感染したわんちゃんに噛まれることで人にも感染する「人獣共通感染症」でもあります。

もし感染動物に咬まれた場合、しばらくは何事もなかったかのように生活できても、気づいた時には手遅れになってしまう大変怖い病気なんです⚠️😰

◇感染経路:病原体は感染動物の唾液に含まれ、咬まれることで伝染

◇主な症状:異常行動、けいれん、麻痺など

◇潜伏期間:長い(犬で1~2か月、人で1~3か月)

◇治療方法:なし(死亡率は犬・人ともに100%)

飼い主の義務

わんちゃんの飼い主には、

(1) 現在居住している市区町村に飼い犬の登録をすること
(2) 飼い犬に年1 回の狂犬病予防注射を受けさせること
(3) 犬の鑑札と注射済票を飼い犬に装着すること

が法律により義務付けられています。

しかし、発症後の致死率がほぼ100%の怖い病気にも関わらず、国内では撲滅したとされ、危機意識はいまひとつなのが現状です😥

厚労省によると昔は接種率99%以上だったのに、なんと7割ほどに低下しているそう💦

日本では検疫などで、狂犬病を水際で食い止める仕組みがありますが、感染した野生動物が密輸などで国内に侵入し、そこから広がる可能性もゼロではありません🐕

 

近隣国では未だ狂犬病の発生は多く、いつ日本に侵入してくるかわからないのが現状です🌍

昨年には、愛知県にて来日後に狂犬病を発症した男性が死亡したという報告があり、なんと国内では14年ぶりの発症だったそうです。

狂犬病の蔓延を防ぐため、飼い主の皆さんがしっかりと意識を持って、狂犬病のワクチン接種をうけさせることが大切ですね💉

この投稿を共有する

Share on facebook
Share on twitter
Share on print
Share on email