一般診療、皮膚科、避妊・去勢、健康診断、ホテル、お迎え・お届け、ライフプランのご相談

忘れていませんか❓予防薬💊

こんにちは。社長の岩佐です👨‍🦲💪

ここ最近急に寒さが厳しくなってきましたね🍂😖皆さん、体調はお変わりないですか❓

人間も動物も色々と体調を崩しやすい時期ですのでお気を付けくださいね😷

さて、今回はこの寒い時期にフィラリア予防ノミ・マダニのお話です💊

忙しい季節だけど、ちゃんと予防しよう💕

■ フィラリア予防はいつまでするの?

蚊を見かけなくなってから1か月後まで!

皆様、フィラリアの予防はいつまでするのかご存じですか❓蚊がいなくなった頃でしょうか❓寒くなるまででしょうか❓

蚊のイラスト

―正解は…

蚊を見かけなくなってから1か月後まで!

です❗️

川崎市周辺地域ではフィラリア予防は12月までをおすすめしております😃🎄

フィラリアの予防薬は蚊に刺されるのを防ぐお薬ではなく、“体内で成長途中の幼虫を成虫になる前に駆除するお薬💊”

フィラリアが体内に入ってから心臓や肺の血管に移動する準備が整うまでに2ヶ月くらいかかります。

体内のフィラリア虫を確実に全滅させる為、最後まで1ヶ月に1度、忘れずに投薬することががとても重要です。

もう蚊がいないから予防しなくていいかなあ?…なんて考えは絶対ダメ🙅‍♂️⚠️

心臓や肺動脈に入ると予防薬では駆除できません!そうなる前に確実に予防!

口を酸っぱくして言いますが、フィラリア予防はしっかり最後まで投薬することが大切です。

■ ノミ・マダニ

1年を通した予防がオススメ

ノミマダニは気温が下がると活動性が低下します。

「じゃあ、予防しなくてもいいんじゃない…?」と感じるかもしれませんが、そんなことはありません🙅‍♀️⚠️

活動性が低いだけで、ノミやマダニは寄生するタイミングをうかがっているんです😖

ノミのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

ノミは部屋の中の暖かい場所を見つけ出し、そこに潜んでいることもあります。一度侵入してしまうと繁殖が止まりません💦

またマダニですが、秋〜時期は産卵して幼ダニが孵化してくる時期。意外かもしれませんが秋がマダニのピークシーズンなんです。

マダニのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

また、マダニはSFTSというウイルス性感染症を媒介します。

主に吸血によって人や動物に感染し、発熱や消化器症状、血小板減少などがみられます。SFTSは、2011年に新しいウイルス感染症として報告され、人において感染者と死亡者が続出しています。感染した犬猫から人への感染報告があります。

■ まとめ

フィラリアやノミ・マダニによる感染症は時に犬や猫の命を奪うこともあります。

大事に至る前に、最後までしっかりと予防して予防できる病気は防ぎましょう👩‍⚕️

寒い時季にこそ、フィラリア・ノミ・マダニ対策の必要性を再認識してほしいと思います🎄

この投稿を共有する

Share on facebook
Share on twitter
Share on print
Share on email