仔猫を保護したら…🐱

こんにちは。社長の岩佐保宏です。

立春も過ぎ、暦の上では春ですね🌸

だんだんと暖かさも感じられ、春の訪れを感じます。

そして、春といば子猫の季節!!😸

 

この時期になると、子猫を拾ったという患者さんが多く見られます。

では、拾った子猫を動物病院に連れて行ったら…🏥

病院ではどんなことをしてもらえるのでしょうか?

詳しく説明させていただきます👨‍⚕️

子猫を拾ったら、すぐ病院へ行こう

元気そうにみえても、実は弱っていることも…

生まれたばかりの子猫は体が弱く、一見元気そうに見えても弱っていることも多々あります。

また、猫風邪や寄生虫などの感染症ノミなどの寄生も伴っていることが多いです。

もし先住猫がいる場合は注意しましょう

子猫が感染症をもっていた場合、先住猫にうつってしまう可能性があります。しばらくは別空間で隔離しておきましょう。

動物病院では、病気の治療だけではなく、オスメスの判別だいたいの月齢、今後どういったケアをしていけばいいのかなどもお教えすることが可能です。まずはぜひ一度動物病院にお連れください🏥

初めてお連れになる際は、ウンチを持参していただけるとスムーズに糞便検査が実施できます😄

① うんちの検査をしよう💩

お腹に寄生虫がいるかもしれません

拾ってきた猫ちゃんは下痢をしていないでしょうか?

まずは糞便検査を行いましょう。糞便検査では寄生虫の有無や便の細菌叢の状態などをチェックすることができます。

回虫などの寄生虫が抵抗力のない弱い子猫に感染すると、下痢や食欲低下、衰弱を引き起こしたり、最悪死を招くこともあります。

ウンチはティッシュなどではなく、ラップやビニール袋などにくるんで持ってくるとウンチが乾燥しないのでおすすめです💩

回虫卵

② ノミなどの寄生虫を駆除しよう

ノミの吸血により、貧血を起こすことも

拾ってきた猫はかなりの確率でノミが寄生しています。

小さい体にたくさんのノミが寄生すると貧血になることもあります😿

また、ノミが1回家の中に入ってしまうと家中ノミだらけになってしまうことも…。

病院処方のお薬でしっかりと駆除しましょう!

また今後もノミがつかないようにするためには、定期的なノミ予防が大切です。

③ ワクチン接種をしよう💉

子猫の免疫は不完全です

子猫の体は十分にできあがっておらず、体を守る免疫機能も十分ではありません。ちょっとした病気で、命の危険を招くこともあります😿

必ずワクチン接種を行いましょう!

ワクチンは生後2か月頃から接種可能です。

子猫の時は何回かの接種が必要になりますので、時期や回数などご相談ください。

 🐈 当院で扱っているワクチンの種類です。

💉 3種混合ワクチン

・ 猫ウイルス性鼻気管炎

・ 猫カリシウイルス感染症

・ 猫汎白血球減少症

💉 5種混合ワクチン

・ 猫ウイルス性鼻気管炎

・ 猫カリシウイルス感染症

・ 猫汎白血球減少症

・ 猫白血病ウイルス感染症

・ 猫クラミジア感染症

① 猫ウイルス性鼻気管炎

  咳やクシャミ、発熱、鼻水などの風邪の症状が続きます。

  目ヤニなどが多くなり、角膜炎や結膜炎を引き起こします。感染力が強く、他のウイルスとの混合感染も多いため、特に子猫の場合重症化しやすく死亡する場合もあります。また、回復してもウイルスは体内に残り、ストレス等で再発することもあります。 

② 猫カリシウイルス感染症

  咳やクシャミ、鼻水、発熱など風邪に似た症状が続き、悪化すると舌や口の周りに水疱や潰瘍がみられ、肺炎を起こすこともあります。他のウイルスとの混合感染で合併症などを引き起こすと死亡する場合もあります。

回復後もウイルスを排出し、感染源としても注意が必要です。

③ 猫汎白血球減少症

  猫パルボウイルス症としても知られており、最も危険な急性感染症のひとつです。子猫や若い猫に発症が多く、嘔吐、強い腹痛、血様下痢、高熱、急激な脱水などの症状がみられ高い死亡率を示します。

④ 猫白血病ウイルス感染症

  免疫機能の抑制、貧血、リンパ腫の原因となり、症状は様々です。一般的に感染猫の唾液や鼻汁との長期接触つまり、グルーミングや食器の共有によって感染が成立します。発症すると治療が難しい深刻な病気のため、予防と感染の拡大を減らすことが重要な病気です。

 ⑤ 猫クラミジア感染症

  おもに子猫が発症し結膜炎と上部呼吸器症状がみられ、感染が持続することもあります。まれに、一過性の発熱、食欲不振や体重減少が起こります。猫同士の接触でうつり、まれに人への感染もおこります。

3種ワクチンは伝染力が極めて強い急性感染症を予防します。室内飼育であってもすべての猫ちゃんにおすすめしています。

すでに鼻気管炎等の症状が出てしまっている猫の症状の悪化を抑える効果もあります。 


5種ワクチンは野外に頻繁に出る猫ちゃん、外に出なくても網戸越しなどで野良猫と接触の可能性がある猫ちゃんにおすすめしています。

初めて子猫を迎えた方は、戸惑いや不安などがたくさんあると思います。

そんな時は当院にぜひご相談ください。

病気の治療だけではなく、子猫ちゃんとの生活もサポートできればと思います。

お気軽にどうぞ👩‍⚕️

この投稿を共有する

Share on facebook
Share on twitter
Share on print
Share on email