ワクチンの抗体価検査について知ろう💉

こんにちは。社長の岩佐です👨‍🦲

最近ニュースでも“抗体検査”という言葉を耳にしますね🦠

今回は、犬猫のワクチン抗体価検査についてのお話をしていきたいと思います☺️

■ 抗体価検査とは?

抗体価検査とは、ウイルス🦠(抗原)に対して対抗する物質(抗体)がどのくらいあるかどうかを調べる検査を言います。

重要な感染症に対する対するワクチン効果の保有状態を、数値化して評価することが可能です。

 

少量の血液を採取して検査を実施します。

■ 抗体価検査のメリット

犬猫の伝染病は、ワクチン接種による予防がとても重要です💉
近年、ワクチン接種により十分な抗体がある動物に対して毎年ワクチンを接種するべきか否かの論議がなされています。
しかし、ワクチン接種を全くしなければいずれ免疫が低下し、伝染病の危険にさらされてしまいます💦

ワクチンの目的は、免疫状態を維持し病気の発症を防ぐこと‼️

基本的にはワクチンは1年に1回追加接種を行ないます。(初年度に関しては2〜3回の接種を行います)

抗体価検査を利用すると、重要な感染症に対する抵抗力がどのくらい残っているか確認することができます。

十分な抗体価があれば、その年のワクチンは接種不要であり、追加接種の時期を決定する参考になります💉

抗体価が発症防御レベルに達していない場合は、ワクチン接種または感染を避けるライフスタイルをお勧めいたします。

▲ ジステンパーウイルスとパルボウイルスに対しての抗体価が基準より低く、十分な発症防御を保持していない

■ こんなわんちゃんねこちゃんに…🐶🐱

① ワクチンに対するアレルギー反応が認められたことがある

② ステロイド剤で治療中である

③ 免疫抑制剤で治療中である

④ 持病がある

⑤ 抗がん剤で治療中である

⑥ 高齢

■ 感染症を防ぐために…

当院では、トリミングやホテルなどのお預かりの際は1年以内に混合ワクチンを受けていることあるいは、抗体価検査の実施をお願いしております。

愛犬・愛猫のためにも、1年1回の混合ワクチンの接種またはウイルスに対する抵抗力の確認(抗体価検査)が大切です🐶🐱

 

抗体価検査は、抗体による免疫力を維持しながらできるだけリスクを減らしたいというオーナー様には非常に有効な手段だと感じます。

現時点での重要な感染症に対するワクチン効果の保有状態を確認してみるのはいかがでしょうか👨‍🦲❓

この投稿を共有する

Share on facebook
Share on twitter
Share on print
Share on email