一般診療、皮膚科、避妊・去勢、健康診断、ホテル、お迎え・お届け、ライフプランのご相談

フィラリア予防薬の投与前にはなんで検査が必要なの❓💉💊

こんにちは。看護師の尾形です👩

すっかり春めいてきましたね〜🌸

…ということは、今年もフィラリアの予防シーズンがやってきたということ❗️🌟

フィラリア症は蚊が媒介する感染症で、進行すると命に関わることもある重大な病気です⚠️

予防がとても重要❗️なので、シーズン中はしっかり投薬をして大切なわんちゃん猫ちゃんを守りましょう🐶🐱💕
予防薬を開始するには、毎年血液検査を行ってからですね💉💡

でもなんで血液検査が必要なのでしょう🤔❓詳しくご説明させていただきます👩‍⚕️

■ フィラリア症ってどんな病気❓

フィラリア症は、蚊に刺されることによって感染する寄生虫の病気

蚊のイラスト

フィラリアは成虫になると最大30cmにもなるソーメンのような糸状の寄生虫です。このフィラリアが肺動脈や心臓に寄生することによって発生します。

たくさん寄生することで、血流の流れが妨げられます。様々な障害が発生し、放置することで死に至ることもある大変怖い病気です😣

心臓に寄生したフィラリア

■ フィラリアの予防薬ってそもそもどんな薬なの?

予防薬は、蚊に刺されることを予防するお薬ではありません🙅‍♀️⚠️

体内に入ってしまった成長途中のフィラリア幼虫を、成虫になる前に駆除するお薬

です💊

ええー💦⁉️フィラリアが体の中に入ってしまうのは、防げないの〜😢❓って感じですよね。。フィラリアに感染しないためには、蚊に刺されないようにすることも大事ですが、室内で飼われている犬猫でも、完全に蚊を遠ざけることは不可能です。

 

フィラリアの幼虫がイヌの体内に入ってから、成虫に成長しながら心臓や肺動脈にたどりつくまでに2~3か月かかります。

この間、フィラリア幼虫は皮膚の下、筋肉、脂肪などで発育を続けます🐛

フィラリア予防薬は、この時期のフィラリア幼虫を月に1回まとめて殺すお薬なんです💊

毎月しっかり幼虫駆除ができれば、心臓への寄生をはばむことができ、フィラリア症にかかることはありません。

■ フィラリア予防前になぜ検査が必要なの?

犬がすでにフィラリアに感染している場合に予防薬を投与すると、血液中の多数のミクロフィラリア(フィラリアのこども)が一度に死滅してしまいます。

すると全身のショック症状がおこって、場合によっては死に至ることがあります⚠️

以上のことから、予防薬を使う際には必ず事前に血液検査をおこない、フィラリアに感染していないことを確かめておく必要があります💉

少量の血液ですぐに結果が出ます。

フィラリア抗原検査:陰性

■ まとめ

フィラリアの検査の重要性、お分かりいただけたでしょうか❓

子犬ちゃんの場合は、検査が必要ない場合もありますのでお問い合わせください🐶

フィラリア検査の際に一緒にするとお得な健康診断セット(血液スクリーニング検査)もありますので、お気軽にご相談くださいね👨‍⚕️✨

この投稿を共有する

Share on facebook
Share on twitter
Share on print
Share on email