診療のご案内

一般診療

人間の場合、「風邪っぽい」「頭が痛い」等、言葉に出して体調不良を主張することができます。 しかし、犬や猫は言葉に出して体調不良を主張することはなく、ご飯を食べない、いつもより大人しい等の様子をオーナー様がくみ取ってあげないと発見できません。 そのため、発見が遅れて重度になってから初めて気づく、ということも多々あります。 「なんだかいつもと違うなぁ」という些細なことで構いません。オーナー様の感じる違和感は、最先端の検査機器より敏感なものです。少しでも病気かな、と思ったらすぐに当院までご相談ください。

皮膚科

診察風景
力を入れております。皆様も、「ほんの小さな虫刺されが気になって熟睡できない・集中できない」といった経験はございませんでしょうか。痒みや痛みが気になる、というのは犬・猫も同様です。それらは特に皮膚のトラブルで顕著に表れ、生活の質を落とす一因となっております。 皮膚のトラブルは、オーナー様から見ても「毛が抜けている」「においが出る」「赤い・痒がっている」などわかりやすいものが多いのですが、その原因は多岐にわたり、複数の要因が関与していることが多いので、原因究明のためにはフードや生活環境、寄生虫の有無や遺伝的要素など多方面からのアプローチが必要です。そのためにも皮膚科診療の際には、時間がゆっくり確保できる予約診療をお勧めします。 皮膚トラブルの中には完治しない病気もあります。生涯付き合っていかなくてはいけない病気に向き合うのは大変なことです。当院では、オーナー様と愛犬・愛猫がより良い生活を送れるよう、お手伝いさせていただきます。 院長は現在も、東京農工大学の皮膚科で研鑽を積んでおります。大学病院でも用いられている先進のノウハウで皆様をサポートいたします。

避妊・去勢

院内風景
避妊・去勢というと、「かわいそう」「する意味あるの」とお考えになる方も多くいらっしゃいます。しかし当院では、将来その子から子供を作りたい、とお考えの方以外は避妊・去勢をお勧めいたします。生殖器系の病気は数多く、子宮蓄膿症や乳腺腫瘍、精巣腫瘍など致死的な状況に陥るケースもあります。若いうちに避妊・去勢をすることでそれらの病気のリスクをかなり減らすことができます。タイミングの目安としては、当院では生後半年くらいからが適切だと考えています。 ご不安な方はぜひご相談ください。メリット・デメリットをご説明し、オーナー様にしっかりご納得いただいた上で、実施したいと考えております。

健康診断

診察
オーナー様も毎年健康診断を受けられているかと存じますが、犬や猫も少なくとも年に1回は健康診断を受けられることをお勧めいたします。どんな病気であっても、早期発見することによってその後の生活は格段に向上します。 さらに、健康診断は、病気を発見するためだけのものではございません。皆様もご自身の健康診断で、結果をもとに生活習慣について反省・改善しようと考えた経験がおありかと存じます。 犬・猫も同様です。一緒に生活するパートナーの生活習慣を見直す機会ととらえ、ぜひ健康診断をご利用ください。

ワクチン

院内
犬や猫の混合ワクチンは、感染してしまうと治療が困難で、最悪死に至ることもある病気を防いでくれます。また、もし感染してしまった場合でも、重症化することを防ぐ効果があります。公園や散歩等で愛犬が他の子と接する機会は必ずあるかと思います。また、室内飼いの猫であっても、オーナー様など人の出入りがウィルスを運んでくる場合があります。そのような場面で致命的な病気をもらって後悔しないよう、当院では定期的なワクチン接種をお勧めいたします。 また犬に関して、狂犬病ワクチンは法律で毎年接種するよう義務付けられています。狂犬病は犬にとって重大な病気である上、犬から人間に感染して発症すると致死率がほぼ100%という、社会に大きな影響を及ぼす病気です。現在日本には狂犬病はないと言われていますが、東南アジア等ではごく自然に発生している病気で、東南アジアで感染した人が入国することで日本でも発生する可能性が少なくありません。その際に愛犬を守るとともに、社会への影響を最小限に止めるためにも狂犬病のワクチンは必ず接種しましょう。

シャンプー・トリミング

犬
オーナー様も毎年健康診断を受けられているかと存じますが、犬や猫も少なくとも年に1回は健康診断を受けられることをお勧めいたします。どんな病気であっても、早期発見することによってその後の生活は格段に向上します。 さらに、健康診断は、病気を発見するためだけのものではございません。皆様もご自身の健康診断で、結果をもとに生活習慣について反省・改善しようと考えた経験がおありかと存じます。 犬・猫も同様です。一緒に生活するパートナーの生活習慣を見直す機会ととらえ、ぜひ健康診断をご利用ください。

ホテル

お仕事やご旅行等で愛犬・愛猫を預ける必要が出たときはぜひ当院にご相談ください。 なお、その際には各種ワクチンの接種歴とノミ・ダニの予防の有無をご確認させていただきます。過去のワクチン歴がわかる書類等をご用意ください。他にお預かりしている子の健康と安全を考慮した措置にご理解とご協力をお願いいたします。なお、当院にてワクチン接種をしていただいたオーナー様は特に書類のご準備は必要ございませんので、お気軽にお問い合わせください。 また、オーナー様のお買い物や通院の際、短時間お預かりする「ショートステイ」も実施いたします。ご予約いただけましたら、シャンプーやトリミングとの併用も承りますのでご相談ください。

お迎え・お届け

待合室
当院では、お迎え・お届けサービスを提供致します。 病気を放置してしまうと、悪化し、取り返しのつかなくなる可能性もあります。ご都合が悪く来院できない、というときはぜひこのサービスをご利用ください。 範囲に関しましては原則、下記のとおりですが、ご希望によっては範囲外でも承りますので、ご相談ください。 全地域対応  川崎市:中原区・高津区・幸区 一部地域対応 東京都:大田区・目黒区・世田谷区・品川区 横浜市:港北区・鶴見区 川崎市:その他の地域 ライフプランのご相談 犬・猫とともに生活するということは、幸せなことであるとともに多くの苦労も伴います。年間の食事代・生活費の他、動物病院にお支払いいただく金額も無視できないものです。基本的に年間の出費は年齢を重ねるごとに増えていくとお考えください。オーナー様と愛犬・愛猫の幸せな生活を末永く続けていくために、将来の出費をシミュレーションし、今の段階から備えておくことは非常に重要です。ご興味のある方、これから新しく家族を迎い入れようとお考えの方、ぜひお問い合わせください。